多言語化現象研究会



声明

ウクライナに対するロシアの軍事侵攻を断固非難する

2022年3月4日

私たちは,ロシア連邦によるウクライナへの軍事侵攻に対して,最大限の強さで非難し,ロシア政府に対して即時の,無条件の攻撃中止と侵入地点からの撤退を求めます。

現代は、ことばで何かを伝えようとしても,悪意のもとでしか解釈されないような時代になってしまいました。それでも,「ことば」にかかわることがらを研究する側として,明確に主張します。「ペンは剣より強い」のだ、と。
ことばの共通性や違いは,さまざまな紛争に利用されてきました。そのことに対する痛烈な反省からも,国際社会は言語や文化に関わる問題を暴力で解決しない仕組みを生み出してきました。今回のロシアによるウクライナ軍事侵攻はそのような流れをふみにじるものです。
今回の軍事侵攻で亡くなられた方に深い追悼の意を,そして,軍事侵攻に批判・非難の声をあげる全ての人との連帯を表明します。またロシアの人々に対する誹謗・中傷にも断固として反対します。
すべての問題は対話・平和的手段によって解決されるべきです。

多言語社会研究会・多言語化現象研究会・ことばと社会編集委員会 各有志

多言語での声明(Multilingual Version)

次回研究会のお知らせ

第85回多言語化現象研究会開催のおしらせ

多言語化現象研究会のみなさま
下記の要領で第85回研究会を開催いたします。ふるってご参加ください。 参加方法は末尾をご参照ください。

日時:2023年12月9日(土) 14:00~17:00
場所:場所:大阪大学豊中キャンパス人文学研究科A棟2階大会議室
最寄駅 阪急宝塚線「石橋阪大前駅」・大阪モノレール「柴原阪大前駅」
こちらのサイトの7番の建物です。 https://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/top

対面とオンライン(Zoom)併用:参加申込方法は末尾参照。

第1報告 14:00-15:20
報告者:吉富志津代(武庫川女子大学)
題目:【新刊紹介】『ソーシャルビジネスで拓く多文化社会』(明石書店、2023年)
要旨:吉富志津代監修・特定非営利活動法人多言語センターFACIL編の『ソーシャルビジネスで拓く多文化社会――多言語センターFACIL・24年の挑戦』が本年9月に刊行されました。
本報告では、本書の内容の紹介をおこないます。

第2報告 15:40-17:00
報告者:吉井雄樹(関西学院大学言語コミュニケーション文化研究科博士課程)
題目:語学教材における「年齢を尋ねる」行為を巡る言説――批判的日本語教育の観点からの一考
要旨:日本語教科書において「何歳ですか」などの質問表現は初級レベルから見られ、基礎的な文型と言うことができる。しかし、近年、「年齢」のような社会的アイデンティティについて、パラダイムシフトが起きており、ある年齢集団に同じ特性を想定することには再検討の余地がある。そこで、本発表では「年齢」を静的な「年数」として区別することを辞め、人々の言語的実践による構築過程における「年齢」に着眼点を置く。そして、「年齢を尋ねる」行為を巡る言説が、日本語教科書でどのように評価され、どのような社会的背景のもとで学習/指導内容として選択されたのかについて考察する。そのために、日本語教育機関で採用数の多い教材である『みんなの日本語』シリーズにおける年齢に対する質問表現を巡るディスコースを批判的に読み、年齢に関する「常識的想定」を明らかにする。

●申込み:
〇オンライン参加の場合:前日までに以下にアクセスし、事前登録をお願いします。登録後、ミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。

https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZctfuyoqT0sGdxTdh_OlVB0pfHuUa6Jl2AM
登録者には当日参加用リンク(本人のみ有効)が送付されます。これで事前登録が完了します。資料は当日配布します。

〇会場に直接お越しの場合:webmaster@tagengoka.sakura.ne.jp 宛に、名前・所属と、懇親会参加有無を明記のうえ、送信してください。懇親会会場の予約、資料準備などの必要があるので、お早めにお申込みください。

●参加無料(どなたでもご参加いただけます)
主催:多言語化現象研究会 http://www.tagengoka.sakura.ne.jp
多言語化現象研究会事務局:webmaster@tagengoka.sakura.ne.jp


過去の研究会の活動
第1-40回 第41回-60回  第61回以降

研究会の趣旨 研究会の組織・運営、連絡先 関連研究会リンク


 関連・新着図書

 
「今そこにある多言語なニッポン」くろしお出版 2020年)
「事典 日本の多言語社会」岩波書店 2005年)
まちかど多言語表示調査報告書(2006年)
ことばと社会 11号 特集:移民と言語①」(三元社 2008年)
「日の言語景観」(三元社 2009年)
ことばと社会 12号 特集:移民と言語②」(三元社 2010年)
「多言語社会日本ーその現状と課題」(三元社 2013年)
(「教師用手引き」三元社HPで公開しました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多言語化現象研究会事務局:webmaster☆tagengoka.sakura.ne.jp(☆を@でおきかえてください)
研究会ホームページ: http://tagengoka.sakura.ne.jp